Python 《プログラミングスクール》 転職に強い2つの必須条件

Python 《プログラミングスクール》 転職に強い2つの必須条件

更新日:

プログラミング言語のPythonを学ぶメリットはズバリ就職、転職に有利ということです。プログラミング言語のPythonを学ぶ

この場合、特にAI分野の専攻をオススメします。

AI技術を導入した企業は増加中ですが、Pythonエンジニアは現状多くありませんからね。

なので、Pythonのプログラミングを学ぶなら、AIエンジニアとしての就職に強いスクールを選んだ方が有利。

ナカムラ的には、Pythonプログラミングで1番オススメなスクールは、Aidemy premium planです。

AI分野を専攻する際、具体的な進路となるのは以下2つ。

  • 機械学習エンジニア
  • データサイエンティスト

他のスクールでは、どちらか片方の専門コースしかない場合が多いです。

しかし、Aidemy は機械学習エンジニアへの転職実績が豊富。また、データサイエンティストからの指導も受けられます。

 

MEMO
また、現在はコロナ禍のため、どのスクールもオンラインのみ開講中です。

しかし、急造のオンラインスクールでは、サポート方法や授業形式を変更して対応しているのでサービスの品質低下が懸念されます。

一方、Aidemyは元々オンラインスクールです。

週2回30分のオンラインメンタリングや、チャットでの質問は24時間以内に返信など、通常通りのサポートが受けられます。

Pythonが学べるプログラミングスクール

下記表ではオンラインでPythonが学べるプログラミングスクールを比較しています。

学割料金があることや、スキルが身につかなかった場合は全額返金に対応する等、受講者にリスクがないこともAidemyの特徴と言えます。

  ▼下記の表は横方向にスクロール可能

スクール Aidemy premium plan DIVE INTO CODE データミックス 
コース ・Python基礎コース
・データ分析コース
・AIアプリ開発コース
・自然言語処理コース
・LINEチャットボット開発コース
機械学習エンジニアコース データサイエンティスト育成コース
※一括申し込みの場合、無料。
入学金(税別) 無料 181,819円 27,500円
費用(税別) ・3ヶ月:480,000円(42万円)
・6ヶ月:798,000円(60万円)
・9ヶ月:980,000円(80万円)
※カッコ内は学割料金
※全額返金保証付き。
4ヶ月:798,000円 6ヶ月:742,500円
年齢層 年齢制限なし。
20〜50代まで受講者がいる。

年齢制限なし。
20代〜30代が60%、40代の受講者もいる。

年齢制限なし。
20代20%、
30代50%、
40代20%、
50代5%程度。

Pythonが学べるプログラミングスクールの選び方

転職を前提にプログラミングスクールでPythonを勉強しようと思う人は、あらかじめ受講期間を確認しておきましょう。

長期間コースの方が、じっくりスキルを身につけられるため転職成功率は上がります。

Pythonが学べるプログラミングスクールの選び方

しかし現在、コロナの影響で求人数は減少傾向です。

世の中の経済活動が活性化する時期に卒業時期を合わせられそうかも考えておくと良いかも知れません。

目指す職種に特化したコースはあるか?

目指す職種に特化したコースはあるか?

実は、Pythonが学べるとするプログラミングスクールのなかには、さわりの知識しか得られないスクールも存在します。

以前、ナカムラはスクールに問い合わせた際に、「弊社のPython講座は、参考文献程度の内容です」と返答されました。

Pythonエンジニアの代表格は以下。

  • 機械学習エンジニア
  • データサイエンティスト

これらの職種で実際に役立つスキルが身につかなければ就職にも転職にも役立ちません。

実際に役立つスキル

単にPythonの講座があるというだけでなく、上記の専門コースの有無もプログラミングスクールを選ぶ際は重視すべきポイント。

例えば、Aidemy premium planではPythonの基礎講座のほか、機械学習エンジニアとデータサイエンティストそれぞれの専門コースが用意されています。

機械学習エンジニアを目指すなら「データ分析コース」

データサイエンティスト志望なら以下3つを受講することで実務で通用するレベルのスキルが身につきます。

  • AIアプリコース
  • 自然言語処理コース
  • LINEチャットボッと開発コース

就職・転職サポートは充実しているか?

就職・転職サポートは充実しているか?プログラミングスクールは、どの程度までPythonが学べるかという違いだけではなく、企業への就職サポートにも差があります。

以下2点を確認してみましょう。

1,就職支援を受けるための条件
転職成功で全額返金コースの場合は、スクール経由で必ず転職する必要がある等の条件が課せられていることがあります。

これ以外の場合でも、就職・転職支援を受ける場合にどういった条件があるのかは確認必須です。

2,提携する人材会社の有無と評判
プログラミングスクールが人材会社と提携し、求人を紹介してくれる場合があります。

しかし、評判の悪い人材会社の場合、ブラック企業を紹介されるかもしれないので、人材会社の評判も調べておくことをおすすめします。

受講期間はどのくらいか?

プログラミングスクールの受講期間が自分のスケジュールに合っているかどうかも確認しておきましょう。

1ヶ月程度の短期集中型の場合、1日あたりの学習時間は長く、対して3〜6ヶ月の長期型の場合は少しずつ進んでいくパターンが多いです。

受講期間はどのくらいか?

残業や学業などで、あまり時間がとれない人は短期型、時間に余裕がある人は長期型のプログラミングスクールでPythonを身につけた方が良いですね。

Pythonでどんなことができる?

Pythonはシンプルな設計により、読みやすく、書きやすいことが特徴のプログラミング言語です。

多言語で冗長になりやすいコードもPythonなら短くまとめられます。

ここでは、Pythonを学習して、どんなことができるのかを紹介します。

人工知能(AI)の開発

人工知能(AI)の開発

人工知能(AI)とは、人間と同じように思考・実行できるアプリです。

既存の業務をAIで代替している業界も多く存在します

例えば、製造業界ではAIが対象を解析・理解し、製品の組み立て作業をオートで行います。

Pythonは統計処理など計算に特化した言語のため、数学的処理の集合体のAIとの相性が良く、開発にも適しています。

データ分析のサポート

Pythonでは、簡単にデータを分析することが可能です。

例えば、一定時間に呟かれたワードを分析する「Twitterのトレンド機能」もPythonを使用しています。

スクレイピングによる作業効率化

スクレイピングとは、Webサイトから必要な情報だけを収集し、引き出す機能。

今まで目視で収集していたデータを自動で収集できるようになり、情報収集の時間を大きく削減できるようになります。

Webアプリの制作

Webアプリは「Java」などでも実装可能ですが、Pythonの方が短いコードで実装できます。

以下のWebアプリはPythonで制作されています。

  • YouTube
  • Instagram
  • Dropbox
  • Pinterest

多くのプラットフォームに対応しやすい環境が揃っており、有名なアプリの制作にPythonが使われています。

Pythonを学習するなら、AI領域に特化すべき理由

AI技術を求めている企業は、Pythonを扱えるエンジニアを欲しています。

IoTなどAI技術を事業に取り入れようとする企業が増えているので転職先にも困りません。

Pythonを学習するなら、AI領域に特化すべき理由

プログラミングスクールでPythonを学ぶなら、AI分野を意識しておきましょう。

AI市場は2030年まで成長していく

AI市場は格段に伸びており、2030年に87兆円以上の市場になると見込まれています。AI市場は2030年まで成長していく
(参照:Ernst & Young研究所)

スマホの普及、PCの処理能力の向上などがAIの発展を加速させました。

AIの領域なら今後の伸びが期待できるため、Pythonは時間とお金を投資して学ぶ価値があると言えます。

AIエンジニア不足の為、Pythonは就職にも有利

2020年、最新技術を活用できるエンジニアが約4.8万人以上不足すると予測されています。AIエンジニア不足の為、Pythonは就職にも有利(参照:経済産業省 IT人材の最新動向と将来統計に関する調査結果)

その為、今後もPythonを扱えるエンジニアの希少価値は高まる一方です。

つまり、今からスキルを身につければ、高年収の企業に入社できる可能性も高い。早めにPythonを身につけた方が勝ち組に入れそうです。

Pythonを使用する代表的な職種

データサイエンティストと機械学習エンジニアは、Pythonプログラミングのスキルが必要な代表的な職種です。

必要な知識・スキルや向いているタイプも異なるので、どちらを専攻するか考えてスクールを選ぶことをおすすめします。

データサイエンティスト

データサイエンティストビジネス上の課題を抽出し、ビックデータの収集・加工・分析を行う職種です。

データ処理や統計処理で得た情報を企業のビジネスに活用する方法や、事業で利益を出す方法を予測します。

現在、データサイエンティストはECサイトやソーシャルゲームを作成するWeb系の会社への就職が期待できます。

IT企業では統計ソフトやプログラミングを用いた解析が中心ですが、一方、EC業界では解析データを元に課題解決のモデル作成など、求められる技術が異なります。

以下のような人はデータサイエンティストに向いてるのではないでしょうか。

・自発的な情報収集→分析ができる
・情報をまとめるのがうまい
・幅広くビジネスへの興味がある
・数学が得意

データの収集や視覚化、レポートなど、データサイエンティストの業務は将来的にAIに代替されることが懸念されます。

今後はデータの分析や活かし方など、人ならではの考える仕事で存在意義をアピールする必要がありそうです。

データサイエンティストに必要なスキルと年収

データサイエンティストに必要なスキルと年収

データサイエンティストの年収は企業ごとに幅があり、250~900万円程度です。

しかし、アメリカでは「今度最も稼げる職業」と言われており、ニーズがどんどん増しています。

以下の必須スキルを磨いていけば、年収が高い企業への就職、転職も期待できそうです。

  • Phtyon、R、Java等のグスキル
  • SQL、Hadoop、Spark等の知識
  • 統計学、データマイニング等の知識
  • 機械学習に関する知識

機械学習エンジニア

機械学習エンジニア

AI関連分野での、機械学習の実装や開発に関わる技術職。機械学習を発展させたディープラーニングの実装にも活躍します。

既に機械学習を使った予測モデルが、金融、保険、製造、流通・小売、医療などの業界で利用されており、需要のある職種です。

しかし、AIの発達に置いていかれないように、スキルアップが欠かせません。

大規模な顧客データを分析する際の分散処理など、応用の利く技術を取得しておくことをおすすめします。

また、人数の少ない職種のため、キャリアパスやモデルロールが確立されていません。

前例の少ないキャリアを切り開いていくため、フリーランスやコンサルタントとして独立するなど視野を広げておくことが必要です。

機械学習エンジニアに必要なスキルと年収

機械学習エンジニアに必要なスキルと年収

Indeedによると、機械学習エンジニアの平均年収は626万円と、国内では高収入の部類に入ります。

しかし、アメリカの求人サイトに掲載されている平均年収が1,400万円とあるので給与の伸びしろは大きいでしょう。

今後も日本でも機械学習を導入する企業が増加していくことが予想されます。以下のスキルを持った人材は重宝されるでしょう。

  • Python、C/C++、Javaの知識
  • 上記でのシステム開発、プログラミング
  • 機械学習ライブラリを扱えるスキル
  • データベース、クラウド等のスキル
  • 統計学・数学の知識
  • 深層学習アルゴリズムの使い方

就職に有利なPythonプログラミングスクール:データサイエンティスト編

ナカムラとしては、Aidemy premium planが1番オススメのPythonスクールです。

やはり、実務レベルのスキル取得が可能なので、Pythonスキルを活かした就職、転職に有利というのが1番の理由です。

しかし、データエンティストへの就職ならAidemyに負けないスクールもあります。

TechAcademy

TechAcademyは、完全オンライン型のAIプログラミングスクール。

データサイエンティストに必要な統計学・データ分析を習得し、実務レベルのスキルが身につきます。

TechAcademy

データ収集・分析を行うPandas、数値計算の効率化を図るNumpy等、データサイエンスに特化したPythonのライブラリが実装可能です。

オンライン学習で懸念される挫折を防ぐ為、パーソナルメンターによるチャットサポートやビデオチャットの質問など、手厚いサポートが特徴です。

受講生の年齢層は20代~30代と若めですが年齢制限はありません。

データサイエンティストコースの費用(税別)
・4週間・・・149,000円(129,000円)
・8週間・・・199,000円(159,000円)
・12週間・・・249,000円(189,000円)
・16週間・・・299,000円(219,000円)
※カッコ内は学割料金

データミックス

データミックス

講師はデータサイエンティスト経験者のため、実践的な内容にも触れてくれます。

スキル習得だけではなく、そのスキルをビジネスでどう活用するかを重視するプログラミングスクールだと言えます。

データサイエンスに精通したキャリアアドバイザーによる転職サポートがあり、入社後のミスマッチを防ぎます。

ナカムラは転職活動でIT業界の知識がないキャリアアドバイザーに担当され、納得のいく転職ができませんでした。

データサイエンスに精通したキャリアアドバイザーやはり、希望職種についての理解があり、自分のレベルに合った会社を紹介してくれるアドバイザーの存在は大きいですよね。

また、卒業後も継続して学べる環境が充実しており、短期講座・勉強会などあ卒業後のバックアップもバッチリです。

年齢制限はなく、30代が約半分を占め、20代と40代が20%、50代が5%程度と幅広い年代の受講生がいます。

データサイエンティスト育成コースの費用
(税別)

・入学金:27,500円
・6ヶ月:742,500円
※一括申し込みの場合、無料。

就職に有利なPythonプログラミングスクール:機械学習・AIエンジニア編

専攻したい分野が、機械学習・AIエンジニアに定まっている人なら、以下のスクールもAidemyに負けていません。

ここでは機械学習・AIエンジニアへの就職に有利なPythonプログラミングスクールを紹介します。

DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODE

事前コーディングテスト+面談の合格者のみ受講可能と、初心者向けのスクールではありません。

実務から逆算したスキルを学び、4ヶ月で機械学習エンジニアとして自走できるレベルまで引き上げます。

カリキュラムは事前学習、本コース、就職Termで構成されています。

まず、事前学習でPython、数学から機械学習まで幅広く基礎を学びます。

その後、3Teamを600時間以上かけて学ぶ本コースの内容は以下の通りです。

  • 機械学習のアルゴリズムと実装
  • ディーププラーニングの学習
  • 実務を想定したプロジェクト

就職Termでは、ポートフォリオ作成、就職説明会、アドバイザーの紹介などが用意されており、、異業種からの機械学習エンジニアへの転身実績も豊富です。

受講生は20代後半~30代が6~7割ですが、年齢制限はなく、40代以降の方の参加も珍しくありません。

機械学習エンジニアコースの費用(税別)
入学金・・・181,819円
受講料(4ヶ月)・・・798,000円

侍エンジニア塾

Pythonの基礎学習+チャットボットなどを元にAIが実装できるオンラインスクールです。

講師は実務経験3年以上の機械学習エンジニアであり、高いスキルを学ぶことができます。

侍エンジニア塾

完全オリジナルのWebサービスを作成し、実績として提示可能。

アプリは目に見える成果物のため、自分の実力を示すには一番の材料です。

事実、エンジニア転職の経験を持つナカムラの知人は、ポートフォリオが転職成功の決め手になりました。

また、オンライン&マンツーマン形式で毎日8時〜22時までサポート。

忙しい社会人でもAIプログラミングを学習しやすいスクールです。年齢制限はなく20代〜50代まで幅広い年齢層が受講しています。

AIコース・3ヶ月の費用(税別)
入学金・・・29,800円
受講料・・・580,000円

AIコース・6ヶ月の費用(税別)
入学金・・・29,800円
受講料・・・882,000円

-未分類

Copyright© EnVision , 2021 All Rights Reserved.