ruby-programming-school

Ruby 《プログラミングスクール》 なぜ、最初にRubyを学ぶと良いのか?

更新日:

Rubyは効率よくWebアプリ開発ができる為、スピード重視のスタートアップやベンチャー企業でも使用頻度が高いプログラム言語。

Rubyは効率よくWebアプリ開発ができる

Rubyを使いこなせれば、そういった企業への就職・転職に有利です。

勿論、プログラマーとして独立しても案件獲得がしやすくなるでしょう。

逆に言えば、Rubyなしに稼ぐことは難しいかも知れませんね。

しかし、Ruby習得の難易度は易し目で、他の言語で挫折した人でも習得できる可能性は高いでしょう。

Ruby on Railsをマスターするのが大事

Ruby学習で1番オススメのプログラミングスクールはCodeCampです。

コードキャンプの「Rubyマスターコース」では、開発経験2年以上の現役Rubyエンジニアが講師となって個別指導。

Ruby on Railsをマスターするのが大事

フレームワークの「Ruby on Rails」を使い、効率的なWebアプリ作成を学べます。

マンツーマンでの授業は、大勢の中ではチョット聞きにくいということでも気軽に質問できるのが良いと思います。

就職・転職はプログラミングスクール経由が近道

Rubyは特にスタートアップ企業に人気のプログラム言語で、就職先や案件は引く手数多。就職・転職はプログラミングスクール経由が近道

事実、Rubyの業務委託案件数は540件と豊富です。
(参照:レバテックフリーランス)

コードキャンプでは提携エージェントの専任アドバイザーから、求人紹介や面接対策などの支援を受けられます。

▼CodeCamp提携エージェント
・レベテックビギナー
・Geekly(ギークリー)
・type転職エージェント

CodeCampはオンラインのプログラミングスクールなので3密を避けて受講可能。

オンライン教科書や、レッスン当日予約もできるので、時間や場所に縛られないのも便利です。

また、レッスンごとに講師を指名できるので、「講師との相性が合わない」とストレスを感じることもありません。

就職・転職はプログラミングスクール経由が近道

年齢制限があり、選考の時点で年齢を加味して評価されるため、受講生は20代〜30代前半までの若い世代が70%以上を占めています。

▼Rubyマスターコース・2ヶ月の費用(税抜)

  入学金  受講料 
2ヶ月 30,000円 148,000円 
4ヶ月 30,000円 248,000円 
6ヶ月 30,000円  298,000円

 

Rubyで何ができるのか?

Rubyで何ができるのか?

Rubyは習得の難易度が低いだけではなく、初めて学ぶプログラミング言語としても優秀です。

なぜなら、プログラミング言語は1つ身に付けておくと、他の言語の吸収も早くなるため。

Rubyで以下のスキルを習得しておくと、スタートアップやベンチャー企業で重宝されます。

  • Webアプリケーションの作成
  • APIの開発
  • スマホアプリの開発
  • 機械学習

Webアプリの開発

Webアプリの開発フレームワークのRuby on Railsを使用することで、円滑なアプリ作成が可能なRubyはWebアプリでの使用頻度が高い言語。

また、Rubyの開発者は日本人なので、最新情報がいち早く獲得できることから、日系企業に好まれています。

ちなみに、以下はRubyで作られているWebアプリ

副業のスキルも身に付けたいナカムラ的には、ブログ運営やサイト制作にも役立つのが嬉しいですね。

  • 食べログ
  • クックパッド
  • hulu
  • Wantedll
  • クラウドワークス

APIの開発

Rubyを使ってAPIを開発することもできます。

APIとはソフトウェアを共有する機能で、公開されたソフトウェアは外部から使用できるようになります。

多くの企業で自社のサービスに関わるAPIを公開しているため、自分のアプリと連携することも可能です。

Webスクレイピング

スクレイピングとは、Webサイトから必要な情報だけを収集し、加工・使用する機能

ネット上から情報収集する手間を自動化できるのが強みです。

スクレイピング用のライブラリがあり、使用頻度も高いですね。

スマホアプリの開発

スマホアプリの開発

Rubyでのスマホアプリ開発には、RubyMotionやRubotというライブラリを使用します。

しかし、iPhoneアプリの場合はSwifit。
Androidの場合はJavaがスマホアプリ開発の主流。

Rubyでのスマホアプリ開発の認知度と使用頻度は高くありません。

しかし、Rubyは応用が効きやすい言語なので、今後スマホアプリ開発で一般的に使用される可能性も十分にあります。

機械学習

機械学習もRubyで書くことができますが、あまりオススメはできません。

Rubyでの機械学習では、PythonをRubyで動かすためのPyCallというライブラリが必要です。

それなら、初めからPythonを使用した方が手間が少なく済みます。

やはり現時点では、機械学習に1番向いているプログラミング言語はPythonだと思います。

RubyとPythonならどちらを学ぶべきか

RubyとPythonは、Webアプリの開発や機械学習など、できることが重複しています。

RubyとPythonならどちらを学ぶべきか

どちらも人気のプログラミング言語ということで、迷っている人も多いのではないでしょうか?

学ぶ言語を迷っている際には、それぞれの特徴と作成できるものを比較してみましょう。

Rubyはコードの自由度が高く、最低限度の長さのコード量でも動きます。

その為、作業が効率的で、1日1サイトを作成することも可能。

スムーズにWebサイトを作成したい人はRubyメインで学ぶのがオススメです。

AI専攻・機械学習ならPython

一方、Pythonはインデントを利用するなどのルールがあり、Rubyよりは少々取っつきにくいかも知れません。

AI専攻・機械学習ならPython

インデントというのは、行頭に空白を入れてコードの字下げを行う処理で、コードのまとまりを認識しやすくなります。

逆に言えば、こういう制限のおかげで、誰が書いても再現性の高いコードに仕上がります。

また、PythonはRubyよりもライブラリが充実しているため、複雑なコードを1から書く必要がありません。

Rubyが特化していない機械学習を極めたい人は、Pythonに力を入れていったほうが良いですね。

Rubyを学ぶメリット

比較的、Rubyは難易度が低く、挫折者が少ないプログラミング言語です。

数ヶ月でWebサービスの開発が可能なレベルに到達することも難しくありません。

Rubyを学ぶメリット

総じてRubyは学びやすく、その後の運用の幅もあると言えるでしょう。

ここではRubyをマスターするメリットを見ていきます。

▼Rubyのメリット
・学習環境が整っている
・Ruby on Railsが業界標準
・高収入の就職や転職に有利

学習環境が整っている

多くのプログラミング言語は英語圏発祥のものが多いですが、Rubyは日本人が作成した国産の言語です。

その為、日本語での最新情報を拾いやすいことがメリット。

Rubyの参考書やプログラミングスクールも多く、原因不明のエラー等、トラブルシューティングにも対処しやすいです。

Ruby on Railsが業界標準

Ruby on Railsが業界標準次に、Rubyのメリットとして挙げられるのが、使われるフレームワークが、ほぼRuby on Railsのみということです。

フレームワークとは、システム開発を効率化してくれる機能をパッケージ化したもの。

コードの記述が簡略化されたRuby on Railsでは、スピーディにWebアプリ開発が行えます。

他の言語ではフレームワークの種類が多く、企業で使われているものもバラバラだったりします。

その為、自分の得意分野とマッチする企業を見つけることも簡単ではありません。

しかし、Rubyの場合、どの企業も大体Ruby on Railsを使用しているため、選べる案件や転職先の幅が広がります。

就職や転職に有利

就職や転職に有利プログラミングスクールでRubyを学ぎたいという人の多くは、仕事に活かすという目的を持っているのではないでしょうか。

現在は、Rubyを使った案件も増えています。

エンジニアの需要も増しており、就職や転職にも有利だといえます。

2030年には79万人程度のエンジニアが不足すると予想されています。年収も上がっていく可能性が高いでしょう。
(参照:経済産業省 -IT人材受給に関する調査-)

Ruby on Railsにより、効率的なWebアプリ開発ができるので、スピード重視のベンチャー企業に好まれる傾向があるようです。

Rubyの為のプログラミングスクール選び

Rubyは人気のプログラミング言語なので、学べるスクールは多いです。

しかし、自分の目的に合ったスクールを選ばないと、時間もお金も水の泡になってしまいます。

Rubyの為のプログラミングスクール選び

 

もし、就職や転職、プログラマーとして独立起業のためにRubyを学ぶなら、スクールを選ぶ際、以下3つのポイントは押さえて

  • Rubyが専門的に学べるか
  • 受講期間はどれくらいか
  • 就職・転職支援は充実しているか

Rubyが専門的に学べるか

Rubyが専門的に学べるか

プログラミングスクールにも、Rubyに特化したスクールと、他の言語と並行して学べるスクールがあります。

注意すべき点は、Rubyに特化した専門教材と学習プランの有無です。

IT業界は変化が激しいで、最新のRuby教材は必須

ナカムラの知人が通っていたプログラミングスクールでは、4年以上も前の教材を使用していたということがありました。

学習プランによって、得られるスキルや習熟スピードに差がつくので、事前に確認しておくべきですね。

受講期間はどれくらいか

比較的、Rubyは簡単なプログラミング言語だと言われています。

しかし、事前学習している人とプログラミング未経験者が、同じ期間で卒業することは考えにくいでしょう。

いくつか受講期間の長さを選べるスクールでは、自分のレベルに応じたコースを選んだほうが良いです。

受講期間はどれくらいか

例えば、数週間の短期集中コースは、プログラミング経験者や、ある程度、事前に学習している人ならついていけるでしょう。

逆に、未経験者の人。
または、じっくり学びたい経験者は長期のコースを受講することをオススメします。

就職・転職支援は充実しているか

Rubyをマスターして、ITエンジニアとして転職、フリーランスを目指すなら、就職支援体制の整ったプログラミングスクールを選びましょう。

例えば、以下のようなことを確認した方が良いです。

・専属のキャリアアドバイザーはつくか?
・必要書類の添削や面接対策の支援は?
・提携している企業を紹介してくれるか?
・ポートフォリオを作成できるか?
・案件獲得のノウハウは教えて貰えるか?

就職・転職支援は充実しているか人材会社と提携しているスクールは、就職・転職支援が充実しており、求人紹介までしてくれます。

スキルのない新卒生の場合、1人で就活を進める必要があるので、専属のキャリアアドバイザーの存在は大きいですね。

フリーランスの営業、転職活動では、ポートフォリオでスキルを見てもらうのが1番のアピールになります。

卒業制作を実績として提示できないスクールもあるので、確認が必須ですね。

独立希望者は、現役フリーランスの仕事の獲得方法や税金関係などの質問がしやすいスクールがオススメです。

Rubyエンジニアに必要なスキル・年収

Rubyエンジニアの平均年収は562万円でした。
(参照:スタンバイ プログラミング言語別 平均年収ランキング2017)

以下のスキルを磨いておくと、評価されやすいです。

  • C言語やJava、PHP、HTMLの習得
  • C言語やJava、PHP、HTMLの習得
  • フロントエンド、ネットワークの知識

おすすめのRubyプログラミングスクール:就職・転職編

おすすめのRubyプログラミングスクール:就職・転職編このページの冒頭でも紹介しましたが、Ruby習得の1番オススメのプログラミングスクールはCodeCampです。

Rubyに特化したコースや講師指名制があること。

また、提携エージェントの充実度合いが主な理由です。

しかし、新卒の大学生や、既に社会人の方が転職を視野に入れてRubyを勉強するなら以下のプログラミングスクールも検討する価値ありです。

Tech Academy

テックアカデミーには「転職保証コース」という転職特化型のコースもありますが、Javaしか選択できない為、おすすめできません。

注目すべきはWebアプリケーションコース。

Ruby on Railsでメッセージボード、Twittrクローン、オリジナルサービスの3つのアプリを作成し、スキルを磨いていきます。

パーソナルメンター制度より、週2回ビデオチャットで現役エンジニアの直接指導。学習の進捗確認や悩みを相談できます。

Tech Academy

Tech Academy独自の特色は卒業後の成果発表会。

自分の成果物を有名IT企業のCEOに発表できます。

ポートフォリオを就職・転職活動でアピールし、企業側に実力を判断してもらいましょう。

新卒や未経験者ならポテンシャル採用される可能性は十分にあり得ますね。

受講生は20代~30代と若い年代が目立ちますが、特に年齢制限はありません。

Webアプリケーションコース(税別)

  料金 学割価格
4週間 149,000円 129,000円
8週間 199,000円 159,000円 
12週間 249,000円 189,000円
16週間 299,000円 219,000円

DIVE INTO CODE

IT人材サービス会社のレバレージズと連携している為、就職・転職先の紹介に期待が出来ます。

Webエンジニアコースでは、RubyとRuby on Railsを学びつつ、実戦レベルを体験

また、プログラミングの基礎+チーム開発、設計・用件定義、開発まで網羅的に学習できます。

年齢制限は無く、20代後半~30代が6~7割。40代以降の受講生もいるようです。

Webエンジニアコースの費用(税抜)は以下の通り。
・入学金:90,910円
・受講料:498,000円
※卒業後、一定期間内に就職できなかった場合は全額返金

受講スケジュールは以下の2パターンから都合の良い方を選べます。

フルタイム パートタイム
月~金
10時~19時
平日・・・ 19時~22時
土日祝 ・・・ 10時~22時
受講期間4ヶ月 受講期間10ヶ月

 

おすすめのRubyプログラミングスクール:独立編

フリーランスのRubyエンジニア志望なら、それに向いたプログラミングスクールを選ぶべきです。

Ruby特化コースがあるのは勿論、独立までのステップや案件受注のノウハウも必要です。

そういったことを教えられるプログラミングスクールを検討してみましょう。

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾平均年齢33歳、平均言語数5.9、平均業界数6の経験豊富な現役エンジニアがマンツーマンで指導。

カリキュラムはフルオーダーメイドでRuby関連の講座のみ受けることもできます。

フリーランスとしてのマインドセットやクラウドソーソングでの案件受注など、仕事を獲得する方法も教えてくれます。

侍エンジニア塾の特色は、完全オリジナルのWebアプリを卒業制作すること。

案件受注の際、この作品を実績として提示できます。

未経験から独立経験のあるナカムラからすると、案件受注のノウハウを教えてもらえることは大きなアドバンテージだと思います。

年齢制限はなく、20代〜50代まで幅広い年齢層が受講しています。

スタンダードコースの費用(税抜)

  入学金 受講料
1ヶ月 29,800円 168,000円
3ヶ月 29,800円 438,000円
6ヶ月 29,800円 698,000円

TECH CAMP

600時間に圧縮した教育プログラムでRuby on Railsを使い、ゼロからWebサービスを作成します。TECH CAMP

通過率17%の選考に残った現役エンジニア講師のコードレビューにより、スキルを実務レベルに引き上げます。

複数のサービス開発で積んだ経験を実績として提示できるのは、独立したての案件受注に有利に働きます。

チャットやビデオ通話での質問受付は、平日10時~22時。
土日は11~22時まで。

フリーランスセミナーでは、独立までのステップを知ることができます。

以前、ナカムラの通っていた講座は、独立後のこともフォローした内容だったため、修了後にすることが明確になりました。

独立についての知識や実績があるのは心強いですね。

年齢制限はなく、受講生の30%が30代以上、50代の受講生もいます。

  短期集中スタイル 夜間・休日スタイル
料金(税込) 648,000円 848,000円
期間 10週間 半年間

※受講開始日から14日以内なら全額返金保証
  
   
 

-未分類

Copyright© EnVision , 2021 All Rights Reserved.