固定ページ01

サブタイトルに文字を書くとアイキャッチ画像上のH1見出しの下に出ます。書かなければ何も表示されません。

ページ導入部の文章。ページ導入部の文章。ページ導入部の文章。ページ導入部の文章。ページ導入部の文章。ページ導入部の文章。ページ導入部の文章。ページ導入部の文章。ページ導入部の文章。
ページ導入部の文章。ページ導入部の文章。ページ導入部の文章。ページ導入部の文章。ページ導入部の文章。ページ導入部の文章。ページ導入部の文章。ページ導入部の文章。ページ導入部の文章。

H2見出し

副交感神経から交感神経への切り替わりでいきなり痒くなることってあるある。

緊張したり、汗をかいたり、はたまたリラックスしたり。そのときにいきなり痒みのスイッチが入ってしまうことがあるんですよね。。泣

もし施術中に耐えがたく、あの凄まじいカユミが出たなら、施術を中断してでも掻きたくて堪らなくなりますよね・・・

掻いてる姿を見られたくないよ?。という気持ちもわかりますし、フケのようにパラパラ落ちるお肌の角質が恥ずかしい、というのもわかります。

または、スタッフの方に、?きむしったあとのウロコのような汚い肌を見られたくない・・・というのも本当によくわかります。

そんな不安を抱える重度のアトピーさんならば、きっちり治してからがよいのかもしれません。

重症のアトピーでも全身脱毛にこだわりたい。というならば、お肌の調子がよいときをねらって、ゆっくりサロン通いができる銀座カラーやシースリーがよいかもしれません。

H3見出し

ステロイドを長い間服用していると、お肌は薄くビニールのようにつっぱるようになり、免疫力もすごく低下します。

内服薬までいってしまうと、かなりアトピー歴が長く、重度だとみなされるために警戒されがちなのかも。 しかし、一般的にステロイドが手放せないのがアトピー性皮膚炎ですよね。

2週間もステロイドを塗らない?!いやいや、そんな~。重度のアトピーさんの場合は一気に肌から血や汁が吹き出して、2週間後は地獄ですよ。

というか、現代のガイドラインで決まっているから・・・という理由で、アトピー患者にはステロイドしか処方しない医者ばっかりですよね。

アトピーさんにとっては、まさに命綱となってしまっているのがステロイド軟膏なんです。

これをカンタンにやめてきて?、なんて言われても・・・ぶっちゃけどうしたらよいのかわからなくなりますよね。

あああああああああああああああああ
新しく追加してみたよ。赤い下線はどうですか?